カレッジ TOPページ

岡崎市康生通東1丁目6番地 コット康生通ビル1F 13:00~22:30(土日定休)

お問い合わせ

0564-26-2490

Menu

エッセイ「教科書が教えないリアル」

エッセイ「教科書が教えないリアル」

日本ドリームプロジェクト編『家族への夢』 | 学習塾カレッジ塾長 エッセイブログ「教科書が教えないリアル」

カレッジ TOPページ

トップページ

お知らせ

エッセイブログ

岡崎市康生通東1丁目6番地 コット康生通ビル1F 13:00~20:00(土日定休)

0564-26-2490

お問い合わせ

  • 小学部
  • 中学部
  • お知らせ
  • 時間割・料金・よくある質問
  • エッセイブログ
  • 株式会社カレッジ採用情報

06

2019.09

日本ドリームプロジェクト編『家族への夢』

昨日に続きまして、本のバトンリレー2冊目です。

 

 

 

 

 

日本ドリームプロジェクト編『家族への夢』

 

 

家族への夢
家族への夢

posted with amazlet at 19.09.07
いろは出版
売り上げランキング: 742,719

 

ぶらりと立ち寄った本屋さんで、何気なく手に取った一冊の本。

 

 

そこには、9才から103才まで36人の、これまでの「ありがとう」と、これからの「よろしく」があふれていました。

その中の一つに、吉田悠子さんという方が書いた「おなかの中にある未来」という文章があります。

 

 

お腹に子どもが宿ったときの思いを綴った吉田さんの文章の一部を紹介します。

 

 

それから、望む未来の時間が長くなった。

 

たとえばある日の夕方、ベランダに出ると夕日がきれいで風が気持ち良くて、

子どもの声やカレーの匂いがどこからかしたりして、そんな時、

「この子が大人になった時にも、

同じように気持ちの良い平和な夕方がありますように」と願う。

 

自分一人なら世界と関わる時間は、長くてもあと六十年くらいのものだ。

でもここに命が芽生えたこの瞬間から、

絶対に幸せであってほしいと思う未来が、グンと延びた。

吉田悠子「おなかの中にある未来」(一部抜粋)

 

 

 

それだ、と思わずぽんと手をたたく。

 

 

自分が生きている間だけ平和であればいいだなんて思っていたわけではないけれど、この言葉に触れて、はっきりそれに気づかされました。

 

 

 

 

 

「僕だけの時間」を過ごしていた時代

 

 

中学生の頃、反抗期だった僕は「僕だけの時間」を生きていました。

 

 

 

 

自分だけが良ければいい。誰にどう思われるかとか、人の迷惑とか、将来のためにとか、そんなものは正直、クソくらえと思っていたやんちゃな時代です。(不良ではなかったですw)

 

 

高校を卒業するころには、その考え方の幼さ理不尽さに気づいていました。でも、まだまだ自分にあまく、多くの「僕だけの時間」を過ごしてしまいました。

 

 

大学生になると、少しずつ「誰かのため」という考えができるようになってきました。

 

塾のアルバイトをする中で、ひたむきに頑張る生徒たちに出会ったことが大きかったと思います。この子たちのために身を滅ぼす覚悟で頑張ろうと思えたからです。その思いは今も続いています。

 

 

 

社会人になってもいろいろありました。

 

 

自分が責任を持つなら、何をしたって自由でしょ?と言わんばかりの自己中心的な生活。

 

 

自立とは名ばかりで、解放された幼い人間の一人暮らしは決してまともとは言えないものでした。

 

毎月の給料は使い切り、電気やガスをとめられ、家賃を滞納することもありました。

 

 

 

 

「僕だけの時間」からの卒業

 

 

でも、そんな僕にも転機が訪れました。

 

 

結婚して数年がたち、こんな僕にも子どもが生まれたのです。

 

 

 

 

 

「僕だけの時間」を生きていた時代からの卒業。

 

守るべきものが増える喜び。

 

 

これまで自分を守ってきてくれた人たちへの感謝。

 

 

幸せに包まれて、子どもの入園式が楽しみで、子どもの運動会が楽しみで、温かい感情に心が包まれていくのが自分でも実感できました。

 

草むしりも雪かきも、それまでモノクロに見えることもあったどんな仕事にも色彩が加わり、家族のためにも日々頑張って仕事に励みました。

 

 

不思議なもので、自分のためだけに生きていたときよりも、感じることができる充実感は圧倒的なものでした。

 

 

 

親たちの共通の思いを子どもたちへ

 

 

たくさんの家族への思いを読み終えて、中でも親から子への思いには通じるものがあることに気がつきました。

 

これを読んでいる子どもたちに向けて、親たちの通じる思いを綴りたいと思います。

 

 

 

 

君は、パパに心のありかを教えてくれました。

君を思うとそこがきゅんとします。

 

いつまでも健康でいてください。

それが最大の願いです。

 

君の笑顔を守るためなら、パパは何でもするつもりです。

君のおかげで、いちばん大切なのは家族だと胸を張って言えます。

 

パパとママの子に生まれてくれてありがとう。

本当にありがとう。

 

 父親代表(笑) 西川賢

 

 

家族への夢
家族への夢

posted with amazlet at 19.09.07
いろは出版
売り上げランキング: 742,719

 

 

次回3冊目は、子どもたちにぜひ読んでほしいあの本を紹介します。

 

それではまた。
 
 
 

「エッセイblog更新情報」の通知設定

 

友だち追加

 

こちらは、どなたでも登録いただけます

更新が深夜になることもありますので、その場合は翌日の通知となります。

 

プロフィール

執筆者の紹介

西川 賢(Ken Nishikawa)

愛知県岡崎市の学習塾カレッジ塾長。
真面目なのかふざけているのか分からない "ちょっとくせになる"エッセイブログ 「教科書が教えないリアル」を不定期更新。
生徒に言われた「元イケメン先生」の「元」を取り払うべく絶賛減量中?
行きつけの店:横綱ラーメン安城店
好きな女子アナ:田中みな実・秋元優里(文春砲は読めません笑)
いつの日か、本を出版したい。

エッセイブログ更新情報配信中

不定期更新だけど
これで見逃しません!

QRコード

エッセイブログ更新時にあなたのLINEアカウントで通知を受け取れます!
※深夜更新の場合は翌日通知します。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

学習塾カレッジ
開校時間13:00~22:30(土日定休)

〒444-0045
岡崎市康生通東1丁目6番地 コット康生通ビル1階
TEL&FAX:0564-26-2490

学習塾 カレッジ

0564-26-2490

お問合せ

copyright ©学習塾カレッジ all rights reserved.(k)