カレッジ TOPページ

岡崎市康生通東1丁目6番地 13:00~22:30(土日定休)

お問い合わせ

0564-26-2490

Menu

エッセイ「教科書が教えないリアル」

エッセイ「教科書が教えないリアル」

2018小学部「たなばたおえかきコンテスト」 | 学習塾カレッジ塾長 エッセイブログ

カレッジ TOPページ

トップページ

お知らせ

エッセイブログ

岡崎市康生通東1丁目6番地 13:00~20:00(土日定休)

0564-26-2490

お問い合わせ

  • 小学部
  • 中学部
  • 英語・速読・高校部
  • お知らせ
  • 時間割・料金・よくある質問
  • エッセイブログ
  • 株式カレッジ採用情報

07

2018.07

2018小学部「たなばたおえかきコンテスト」

昨年の10月、カレッジの小学部で初めてのおえかきコンテストとなる「ハロウィンのおばけコンテスト」を行いました。

 

 

 

 

こちらで用意したコンテスト用紙に思い思いにおえかきをしてきて、参加賞・特別賞・グランプリをきめます。

 

 

下は、その結果をお伝えする塾内通信の一部です。

 

 

 

子どもたちも他の子の工夫を凝らした作品を見て、称賛したり自分もやってみたいと言っていたりしたので、立て続けではありましたが、12月には「クリスマスおけかきコンテスト」を開催しました。

 

 

「絵がじょうずにかけなくても、工夫がしてあれば特別賞が取れる。何よりも大事なのは工夫だよ!」と話してあったのと、おそらく想像していた以上にグランプリの賞品がすごかったので、より欲しいっという気持ちが強くなったのか、ハロウィンを上回る力作ぞろいで、本当に選考に頭を抱えた思い出があります。( *´艸`)

 

 

「秋とか冬はコンテストがあるのに、春とか夏はないね。何かやりたいねえ」なんて子どもたちと話していました。

 

 

春のひな祭りコンテストを計画はしましたが、新小1の子たちが入塾したてでまだ右も左も分からないところに「絵をかいてこいとはコレイカニ?」と本人たちのみならずお母さんたちも混乱させてしまいかねないと思い、とりあえず何も言わずにスルーしました。

 

 

 

2018小学部「たなばたおえかきコンテスト」開催!

 

 

そして、数か月の時が流れ、7月になりました。

 

 

小学部「たなばたおえかきコンテスト」開催です!

 

 

 

子どもたちは学校でも短冊を書いています。

 

家でも書いたという子もいましたし、電気屋さんでも書いたという子もいました。

 

 

 

カレッジでも毎年、子どもたちに短冊を書いてもらっていましたが、インターネットで購入した枯れることのない不老長寿の笹(笑)が、思いのほか短冊を支える腕力がなくて、気がつくと短冊を下に落としてしまうおやんちゃさんだったのです。苦笑

 

 

そして、発想を変えました。

 

 

前期のイベントを探していましたし、内容的にも「夢」をかくってステキやん!ということで「たなばたおえかきコンテスト」を開催したのです。

 

 

コンテストは、イラストや作品の工夫を見るものであって、もちろん子どもたちの夢の優劣をつけるものではありません。(*´з`)

 

 

 

参加賞は全員におやつをプレゼントします。

 

 

 

 

特別賞を獲得すると、このおやつがダブル、つまり2個もらえます。( *´艸`)

 

 

そして、グランプリは「すんごいおやつ」ということで、こちらをご用意しました。

 

 

 

 

中身をすべてお見せできないのが残念ですが、遠足だったらルール違反すぎて先生が怒っちゃうレベルにどどーんとぎっしりおやつが詰まっています☆(^O^)/

 

 

 

カレッジの室内を彩るたくさんの「願い」

 

2018年7月7日。

 

外はあいにくの雨ですが、カレッジの玄関を入ってすぐのエントランスには、子どもたちの雲一つない夢や願いごとが飾られています。

 

 

 

 

子どもたちの夢は実にさまざまで、思いのこもったイラストが貼られているこの壁は、たくさんの希望で満ちあふれているように感じます。

 

 

 

高学年の子たちの作品には、立体的だったり「動く」仕掛けになっていたりする子も多くさすがです。

 

 

 

保護者の皆様、たなばたおえかきコンテストの作品は、8月末までエントランスに掲示していますので、ご送迎の際などよろしければ子どもたちの「夢」や「願い事」をぜひ見にいらしてください。( *´艸`)

 

 

 

 

2018「たなばたおえかきコンテスト」グランプリ発表!

 

さて、それでは今回のグランプリを発表したいと思います!

 

 

Σ( ゚Д゚)イキナリ!?w

 

 

特別賞は複数いるので、授業で発表することにして、一人だけの「グランプリ」は、一足早くここで発表します!!

 

 

 

(ドラムロールを!)

 

学年は小4

 

夢は「うちゅうひこうし」

 

 

作品は・・・これ!!

 

 

 

 

これ、お分かりになりますでしょうか?!すごいんです!!

 

 

宇宙服のヘルメットの部分、おそらく元々球形か半球形であったプラスチック素材をカットしてヘルメット前面の丸みを帯びたガラス面を作り出しています!

 

 

しかも、その中には自分の顔写真を貼り付けてあり、まさに自分が宇宙飛行士となって宇宙遊泳しているようすを表現しています!!

 

 

 

 

そして地球にも同じように丸みを帯びた加工がしてあり、その上には土星も輝いています。

文句なしのグランプリです!感動しました!!

 

 

 

【涙腺崩壊】七夕の願いはかなう

 

 

余談ですが、心をこめた七夕の願いはかなうことを僕は身を持って体験しているという涙腺崩壊必至の小話を最後に一つ。

 

 

あれはたしか、僕が中2のときのことでした。

 

七夕の時期が近づき、学校でも短冊を書いて笹の葉に飾るお約束の行事が行われていました。

 

 

部活のこと。

成績のこと。

 

 

クラスメイトたちがそれぞれ願い事を書いていきます。

中には「世界征服」と“短冊あるある”のお手本のようなことを書いている友人もいました。笑

 

 

でも僕は、他のだれも書かないようなことを書いたのです。

 

 

 

皇族の秋篠宮殿下がご婚約された時期でした。

 

 

お相手は川島紀子(きこ)さん。

 

今でもお美しい紀子妃殿下ですが、当時「きこさんフィーバー」として連日テレビで報道されたきこさんは、それはそれはかわいらしく上品な笑顔は、思春期の僕の心を鷲づかみにしていました。

 

 

 

 

結婚式の日のティアラを冠した白いドレス姿は、本当にシンデレラがこの世に存在するのだと思えたほどでした。

 

 

僕は短冊にこう書いたのです。

 

 

「紀子さまみたいな女の人と結婚できますように。」

 

 

僕は笹の葉の一番高くて見やすいところに絶対に落ちないようにセロテープも使って取り付けました。

 

 

目立つ位置につけたことと内容が個性的だったことで、学校の先生たちからもかなりイジられたのをよく覚えています。

 

 

思春期の少年のピュアな願いは、大切な思い出として

 

それから十数年の間、表に出てくることのない思い出となりました。

 

 

 

時が流れ、ふと僕は何かの拍子でこのときのことを鮮明に思い出しました。

 

 

そして、僕は中2の時に心をこめて書いたこの願いが、いつの間にか実現していたことに気がついたのです。

 

 

「紀子さまみたいな女の人と結婚できますように。」

 

 

僕の妻は、見た目もたぶん性格も紀子さまとはちがいます。

 

でも僕は、確実にこの願いが叶ったと断言できます。

 

 

僕の妻の名は「紀子」。

 

読み方は「きこ」ではなく「のりこ」ですが、たしかに僕はこう願っていたのです。

 

 

「紀子さまみたいな女の人と結婚できますように。」

 

 

笑笑

 

 

それではまた。

 

 

 

「エッセイblog更新情報」の通知設定

友だち追加

 

こちらは、塾生保護者はもちろんのことどなたでも登録いただけます

 

 

プロフィール

執筆者の紹介

西川 賢(Ken Nishikawa)

愛知県岡崎市の学習塾カレッジ塾長。
真面目なのかふざけているのか分からない "ちょっとくせになる"エッセイブログ 「教科書が教えないリアル」を不定期更新。
生徒に言われた「元イケメン先生」の「元」を取り払うべく絶賛減量中?
趣味:海釣り
行きつけの店:横綱ラーメン安城店
好きな女子アナ:田中みな実
いつの日か、本を出版したい。

エッセイブログ更新情報配信中

不定期更新だけど
これで見逃しません!

QRコード

エッセイブログ更新時にあなたのLINEアカウントで通知を受け取れます!
※深夜更新の場合は翌日通知します。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

学習塾カレッジ
開校時間13:00~22:30(土日定休)

〒444-0045
岡崎市康生通東1丁目6番地
TEL&FAX:0564-26-2490

公益社団法人 全国学習塾協会
正会員 52001790

学習塾 カレッジ

0564-26-2490

お問合せ

copyright ©学習塾カレッジ all rights reserved.(k)