カレッジ TOPページ

岡崎市康生通東1丁目6番地 コット康生通ビル1F 13:00~22:30(土日定休)

お問い合わせ

0564-26-2490

Menu

エッセイ「教科書が教えないリアル」

エッセイ「教科書が教えないリアル」

42歳の少年 | エッセイ「教科書が教えないリアル」

カレッジ TOPページ

トップページ

お知らせ

エッセイ

岡崎市康生通東1丁目6番地 コット康生通ビル1F 13:00~20:00(土日定休)

0564-26-2490

お問い合わせ

  • 小学部
  • 中学部
  • お知らせ
  • みんなの声
  • 時間割・料金・よくある質問
  • エッセイ

10

2018.11

42歳の少年

category: エッセイ

一年に一度の嬉しい郵便物

 

カレッジの郵便ポストはそれほど頻繁に郵便物が届くわけではありませんが、強いて言えば僕のきらいな「請求書在中」と書かれた封筒が常連さんです。(^_^;)

 

実際業者さんや公共機関からの郵送物がほとんどで、届いて嬉しいものなどほとんどありません。笑

 

でも、年に一度だけ。

11月4日を過ぎたあたりで、封筒に入った手書きの「お手紙」が届きます。

 

カレッジができて、今年で3度目の11月。

そのお手紙も3通になりました。

 

 

 

 

11月4日は僕の誕生日です。

それを覚えてくれている前職の生徒が、毎年お手紙を送ってくれるのです。( *´艸`)

 

 

だいたい出だしは、11月4日を過ぎてしまったことの言い訳から始まります。笑笑

そして、塾での様子、学校での成績のこと、恋のことなど近況報告をしてくれます。

 

僕にとって、1年で唯一のうれしいお手紙です。

 

ブログを読んでくれているみたいなので、この場を使ってお礼をさせてもらっちゃいます。

ありがとう。ヽ(^o^)丿

 

 

 

ん?

 

 

 

先日届いたこの手紙。

切手は貼ってあるが、消印が押してない…。

 

 

ふむ。

ふむふむ。

 

 

 

 

 

 

笑笑

 

 

いつ来たのかなあなんて、思いをめぐらすのも楽しいです。

うれしいサプライズありがとう。( *´艸`)

 

大学生になったらカレッジで先生のお仕事してくださいね。(*’▽’)/ゼヒ!

 

 

42歳の少年。

 

僕が11歳のとき、今はもう亡くなった父が42歳でした。

 

11歳、小学5年生のときに僕が見ていた父は、とっても「大人」に見えました。

あのころ見ていた父と同じ年齢になってみて、僕はあまりにも自分が幼く思えて何だか笑えてしかたがありません。

 

42歳のお父さんは、僕みたいに毎晩お菓子を食べていなかったし、お笑いを見てケラケラ笑ってもいなかったし、本棚に捨てられない漫画が並んでいたりもしていませんでした。

また、仮に当時SNSがあったとしても、お父さんは僕みたいにFacebookにしょっちゅうこんな小ネタを投稿していなかったんじゃないかなwww

 

 

 

でもきっと、僕に見せなかっただけで父もいっぱい遊び心は持っていたんじゃないかと思います。

それに、今の僕と同じように、時には悩んで時には悲しい思いもしていたのかもしれません。

うん、きっと見せなかっただけで、そうなんじゃないかな。

 

僕は42歳になったけれど、42歳だったころの父に比べたら大人っぽくない人間です。(#^.^#)ゞ テヘ

 

でも、一つだけ父のようになっていると感じることがあります。

 

それは、自分のためだけに生きていないということです。

 

父は、家族のためにそして世の人々のために精一杯生きた人でした。

 

 

親になって「人のため」に精いっぱい仕事をすることの幸せを知る。

 

中学生の頃、反抗期だった僕は「僕だけの時間」を生きていました。

自分だけが良ければいい。誰にどう思われるかとか、人の迷惑とか、将来のためにとか、そんなものは正直クソくらえと思っていたやんちゃな時代です。

 

高校を卒業するころには、その考え方の幼さ未熟さに気づいていました。

でも、まだまだ自分にあまく、多くの「僕だけの時間」を過ごしてしまいました。

 

大学生になると、少しずつ「誰かのため」という考えができるようになってきました。

塾のアルバイトをする中で、ひたむきに頑張る生徒たちに出会ったことが大きかったと思います。

この子たちのために身を滅ぼす覚悟で頑張ろうと思えたからです。

 

社会人になってもいろいろありました。

夏の暑い日の草むしり。

冬の寒い日の雪かき。

もくもくとこなした雑用仕事。

失敗して悔しくて涙を流しながら仕事をしたこともありました。

 

結婚して子どもが生まれ、幸せに包まれて、子どもの入園式が楽しみで、子どもの運動会が楽しみで、子どもが将来、何かやりたいことを見つけたとき、必ず力になってあげたい、そんな思いもあって働いていく日々。

 

きっかけは親になったこと。

僕は親になって、「人のため」に精いっぱいはたらくことの喜びを知りました。

そして、その「人のため」は、「家族のため」にとどまらず、どんどん広がっていったのです。

 

「生徒」のためだったり、僕を信頼して大切なお子さんを預けてくださる「保護者」の皆さんのためだったり。

 

偽善ぽく聞こえてしまうでしょうか?

たしかに、ときには自己満足の域を超えない陳腐な行動もあるかもしれません。

 

でも、僕には、明らかに「自分のため」だけに生きていたころよりも、

多くの「人のため」に仕事をしている今の方が、自分が生きている価値を何倍も感じさせてくれるのです。

 

 

 

誕生日がきて、いろんな人からお祝いの言葉をかけていただき、ありがとうございました。

なんだかふと、あらためて自分を振り返ることができました。

 

生きている価値を感じさせてもらえて、天職と思える仕事に夢中になることができて、僕は幸せ者です。

 

幸せ者といえば、このブログ。

あちこちでいろんな塾の先生方が紹介してくださってて、これもまた本当に幸せです。ありがとうございます。

 

これからも、皆さんの心に届く記事をたまに書いていきたいと思います。Σ( ゚Д゚)タマニ?!

今後ともよろしくお願いいたします。

 

それではまた。

 

 

「エッセイblog更新情報」の通知設定

友だち追加

こちらは、どなたでも登録いただけます

更新が深夜になることもありますので、その場合は翌日の通知となります。

 

アルバイト講師募集中です。

子どもたちのために、あなたの力を貸してください!

 

前のページへ戻る

プロフィール

執筆者の紹介

西川 賢(Ken Nishikawa)

愛知県岡崎市の学習塾カレッジ塾長。
真面目なのかふざけているのか分からない "ちょっとくせになる"エッセイブログ 「教科書が教えないリアル」を不定期更新。
釣り好きの塾長さんたちとの「塾釣会」も不定期開催。ぜんぜん釣れないけど。( ;∀;)
生徒に言われた「元イケメン先生」の「元」を取り払うべく絶賛減量中w
外食はお肉よりお寿司派。 恋愛は男子より女子派。
いつの日か、本を出版したい。

エッセイブログ更新情報配信中

不定期更新だけど
これで見逃しません!

QRコード

エッセイブログ更新時にあなたのLINEアカウントで通知を受け取れます!
※深夜更新の場合は翌日通知します。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

学習塾カレッジ
開校時間13:00~22:30(土日定休)

〒444-0045
岡崎市康生通東1丁目6番地 コット康生通ビル1階
TEL&FAX:0564-26-2490

学習塾 カレッジ

0564-26-2490

お問合せ

copyright ©学習塾カレッジ all rights reserved.(k)