カレッジ TOPページ

岡崎市康生通東1丁目6番地 コット康生通ビル1F 13:00~22:30(土日定休)

お問い合わせ

0564-26-2490

Menu

エッセイ「教科書が教えないリアル」

エッセイ「教科書が教えないリアル」

セクハラ教師 | エッセイ「教科書が教えないリアル」

カレッジ TOPページ

トップページ

お知らせ

エッセイ

岡崎市康生通東1丁目6番地 コット康生通ビル1F 13:00~20:00(土日定休)

0564-26-2490

お問い合わせ

  • 小学部
  • 中学部
  • お知らせ
  • みんなの声
  • 時間割・料金・よくある質問
  • エッセイ

05

2017.08

セクハラ教師

category: エッセイ

8月4日、深夜。

外はあいにくの雨です。
自転車で出勤している僕は、雨に降られると帰宅が大幅に遅れます。

でも、雨を恨むことはありません。
何か仕事をしていけってことだなと、机の上の「TO DOリスト」と呼ぶにはあまりにも陳腐なメモ帳を眺めます。

『後期授業日程表の作成、高校入試説明会の準備、夏期講習の準備、通常授業の準備、TKテスト作成、通信作成、スタッフ給与計算、、、、、』

すべてのリストに完了の意味を表す二重線が。

 

ふむ。

ブログ書こう。

 

深夜の康生通(カレッジの正面の道路)は、交通量がとても少ない。
たまに通過する車が、濡れた路面をシャァァァアアーと音を立てながら通過していきます。

この音が聞こえなくなったら帰ろう。

というのも、僕の自転車には泥よけがついてないので、雨が止んだら帰れるかというとそうではないのです。
ある程度路面が乾かないと、タイヤが巻き上げる泥によって背中から後頭部がびしょびしょになってしまいます。

 

IMG_6428

 

実はこの自転車を買ったときに、別売りの泥よけも一緒に購入していました。
はじめはいつ雨が降ってくるか分からないからと、天気にかかわらずつけていたのですが、段差で振動が生じるたびに「カタッカタカタッ」と大きな音がするので、自転車でもプリウスのように静かに走りたい僕は、これを取り外してしまいました。

…プリウス。

今でこそプリウスは大人気カーで、1日のうちでプリウスとすれ違わない日はないくらいですが、初めてプリウスを見たとき、僕は衝撃を受けました。

それは、前の職場でのことです。

授業が終わり保護者が生徒を迎えにやってきます。
その日、一人の生徒のお迎えが遅れていました。車が来るまでしばらく立ち話をして待っていると、新車のプリウスがやってきました。

静か。

接近に気づくこともなく、いつの間にか背後に現れたプリウス。

何よりも、それまでハイブリッド車にお目にかかったことがなかった僕に最も衝撃を与えたのは、エンジンをかけても「何も言わず」に動き出すプリウスの無言さでした。

去っていくプリウスを見送ったあと、しばらくその感動に浸っていたものです。

詳しくは知らないのですが、初期のプリウスは本当に静かで、逆に静かすぎてあまり接近に気づかずあわや事故という事象が各地で発生し、ほんの少し音が出るようにしたとかしないとか…。

 

たしかに、その後もいつも無言で近づき、気づけば真後ろにいるプリウスに驚いたことが幾度となくありました。

そのたびに僕は心の中で思ったものです。

 

 

アテンション プリウース。

 

・・・。

 

注意を促す「アテンション プリーズ」をモジッたこのダジャレは、きっと何かに応募すれば入賞することができると直感しました。Σ( ゚Д゚)笑

ですが、トヨタの誇る秀逸な人気車プリウスを注意喚起の対象にするようなこのフレーズが、全国区になってはいけないと(←入賞した気でいるw)自主規制したのをよく覚えています。笑

 

どうやら雨は完全に上がり、路面も乾き出したようです。
しかし、このサムいダジャレだけを残してこのブログをおさめる気にはならないので、もう少し書き足したいと思います。

 


 

僕は、よく子どもたちからこんなことを言われます。

 

「先生は、学校の先生とはぜんぜんちがう」

 

「どういうところが?」と聞き返すと、多くの場合ほめ言葉をいっぱいもらえるのですが、この場で書くのはさまざまな方面に対して少々はばかられるので、あえて気兼ねすることないタイプの返答を・・・。

 

「先生めっちゃ下ネタ言うもん」

 

Σ(; ・`д・´) 笑

 

笑いながら「なんだ学校の先生は、下ネタも言わないのか」と言い返していますが、そういえば僕が小中学生のころも学校の先生はあまり下ネタを言わなかったような気がします。

 

教育者だからでしょうか。
人々を笑顔にする人類共通の言語とも言われるのが下ネタなのに。(*´з`)ホドホドのねw

いろいろ起こりうる問題に備えているのかもしれませんね。
まるで政治家の発言の一部を切り取り「失言」とまくし立てるワイドショーのように、子どもたちからの伝聞のうち「その部分」だけを切り取り問題化されてしまうこともありえなくない話です。

僕も言い過ぎには気をつけなければいけません。苦笑

 

僕は言いたいことを何でもかんでも言い放つほど愚かではないと自負していますが、昨今の「マナー厨」という言葉に代表されるような過剰な不寛容社会には、正直首をかしげる思いを持っています。
続々と生まれる「◯◯ハラスメント」、どこかで大災害が起こるたびに発生する「不謹慎狩り」も然りです。

 

 

「髪型、変えたんだね」

これも、女性の感じ方によってはセクハラになるそうです。

(自分の変化に気づくということは、この男はいつも私をジロジロ見ているんだ…)

そんなふうに感じて不快な思いをしたということでしょうか。

うーん
例えば、イケメン俳優の福士蒼汰に同じことを言われてセクハラだと訴える女性がいるのでしょうか。

 

hukushi

 

こうしてみると、結局「何を言うか」ではなく「誰が言うか」ってことなのかと思えてしまわなくもありません。

 

そんな人間の好き嫌い感情を持ち込み、一般的に考えればコミュニケーションの域を超えない発言をとらえて訴訟まで起こすのは、さすがに「バカじゃねえの?」と憤りすら覚えてしまいます。

 

社会は大勢の人間が作っていて、みんな少しずつ我慢して生きています。
あたりまえですが、自分がちょっとでも気に食わない人間を排除し続けることで社会を生きるなんてできないのです。

個人がまったく苦痛を感じない社会を目指すことを否定はしませんが、そんな社会はありえないという現実も理解するべきです。

 

「あの人嫌い」が生む「過剰な被害妄想」や「悪意ある排除」を振りかざすことは、暴力と言っても過言ではないのではないでしょうか。

もちろん、コミュニケーションの域を超えた明確なハラスメントには、男女問わずしかるべきところに相談して、その苦痛を解消していくべきだと思います。

 

 

HAGE

 

某国会議員のミスが多すぎた元秘書さん、あなたは泣き寝入りせず行動に出たのであれでよかったのだと思います。

ただ、最初に訴える「しかるべきところ」は、「週刊誌」ではなかったのではないかと思いますよ? 僕は。

 

 


 

話を戻すと、たしかに僕は授業でたまに下ネタ言います。たまにですよ?笑

もちろん学年にもよるし、まだ僕というキャラクターが分かってもらえていないときや、個人に対しては一切言いません。あくまで授業内のコミュニケーションツールの一つとして、言うことがあるのです。

 

だっておもしろいもん。笑

 

夏期講習でも小1の授業で、「鏡に映った文字を正しく読む問題」というのをやりました。

こういうの。

 

 

KAGAMI

 

 

 

そこで考えちゃうのです。
これもあったら盛り上がるなーって。

 

 

 

SANPO

 

 

実際、授業では大盛り上がり。笑

 

もちろん答えは「さんぽ」なんですけど、直感で「ちんぽ!」と叫んだあとに「ちんぽ?」と笑いだす様子は、想像してた通りの展開で、おもしろすぎました。( *´艸`)笑

ちなみに、プリントにこの問題を載せると、家でプリント見て衝撃受けちゃうお母さんもいるかもしれないので、プリントには載せず得意のフリップにして授業で使いました。笑

 

…僕は「セクハラ教師」ではありません。

「紙一重の教師」です。笑

 

でも以前は、よく失敗し反省ました。

反省パターンの1つとして、「女子がらみ」の下ネタは相手が小学生でもしくじる率が高いです。

 

数年前、小5の算数で、「角度」を教えていた時のことです。

こういう問題があります。

KAKUDO

外角(け)は、それととなりあわない3つの内角の和に等しいってやつです。
こういうの「ブーメラン型の図形」っていいます。
小5の授業で、たんたんとそういうの説明しててもつまんないんで、黒板に絵をかいて「ブーメランパンツ」を教えたんです。

 

yosio

 

 

で、「ブーメランパンツッ!」って僕がコマネチポーズして叫ぶと、子どもたちも僕に続いて大声で復唱、みたいな感じになっておおいに盛り上がりました。

それで調子に乗って、その次に出てきた「ちょうちょ型の図形」で

KAKUDO

 

僕はブーメランパンツと同じ感じで「ちょうちょ型ブラジャー!」って言いました。

そしたら、さっきまであんなに盛り上がってた生徒たち…

 

ドン引き。

 

誰も言わねえのw

 

 

女子にまつわる下?ネタを封印した瞬間でした。(*´Д`)

 

 

失敗パターンの2つ目は、「中途半端なことを言う」タイプです。

中3理科の授業で、「受精」が出てくるんですけど、以前授業で生徒たちにこう質問したんです。

 

 

「この中で受精したことある人!(≧∀≦*)ノ」

 

 

誰も手をあげないどころか、「うぇ~!???何てこと聞くんだ~!!」ってリアクション。

僕としては、全員が受精したから受精卵になって、その後生まれて現在にいたる…

みたいな、ちょっとしたひっかけ質問だったんですけど、思春期の彼ら彼女らにはそうは受け取られなかったようです。笑

「何を想像したんだ~?このエロガッパども!!」とか言いながら、中途半端はいかんと反省したものです。

 

紙一重です。笑

 

 

けど、僕だって時にはロマンのある話もします。

 

学生時代の恩師に言われた言葉が耳から離れない。

「『一生に一度は行ってみたい場所』っていうのを持つといい。
まぶたをとじれば、その絶景が浮かぶ。人生にいつも夢があることになる。」


ステキな話だと思った。

…けど恥ずかしながら、僕には今までそういう場所がなかった。

 

でも、ついに。

ついに見つけたんだ。

 

一生に、一度でいいから行ってみたい場所。

 

それは、中国にある。

 

北緯43度 東経128度

「鏡泊湖」

 

なんで行ってみたいかって?

「きょうはくこ」と読むこの湖。

 

中国語ではこう発音するらしい。

 

 

 

 

ちんぽーこ

 

 

・・・じ、事実ですから!

僕は「セクハラ教師」ではない…はず。

 

 

前のページへ戻る

ページの先頭へ

ページの先頭へ

学習塾カレッジ
開校時間13:00~22:30(土日定休)

〒444-0045
岡崎市康生通東1丁目6番地 コット康生通ビル1階
TEL&FAX:0564-26-2490

学習塾 カレッジ

0564-26-2490

お問合せ

copyright ©学習塾カレッジ all rights reserved.